SSブログ
前の20件 | -

キャンプ速報! 楽しみにしていた「ひるがの高原キャンプ場」 待望のキャンプ場でのキャンプは、またしても… [速報!]

ひるがの高原キャンプ場。
前々からいいな、行きたいなとずっと思い続けていたキャンプ場です。そのキャンプ場に漸く行ける。
もう心ウキウキでした(笑)。
ただ、気になるのは台風12号。なんと東海から関東直撃のニュースを聞いたのはキャンプ当日から4日前…。
もう毎日毎日天気図との睨めっこでした。しかし幸運にも台風は関東の東海上へ逸れ、直撃の心配はなくなってホッと一息。やった! これで行ける♡
…と思っていた矢先、週間天気予報によると、決行日の当日だけ雨…(涙)
ガ~ン(+_+)
当日同行予定のキャンプ師匠とメールでやりとり。「とりあえず雨は初日だけ。次の日は晴れないまでも雨は降らない予報なので、楽しくいきましょう」とのこと。「はい、楽しみましょう」
"雨のキャンプもまた楽し" です(笑)。
しかし、ここ何回かのキャンプ、全て雨なんですけど…(苦笑)。
また「安定の雨だね」って皆から言われそう…(笑)。
まぁ、暴風雨にならないだけでもいいか。

IMG_0865.JPG

ということで、当日の朝を迎えます。すると、朝起きたら、めちゃくちゃいい天気じゃないですか!
やったぁ! 天気予報も外れることもあるんだね。ウキウキして準備しながら本日の天気予報を見る。
すると「本日は大気が不安定。午前中晴れていても、午後から天気は急変しやすいので、傘を持って出かけてください」と天気予報士の声。マジか…。
この天気の良さからは考えられない予報士の解説。最悪幕営し終わってから降るなら降ってね。
と呪文のように独り言で唱える…。
し、しかし…出発して間もなく空が暗くなってくるのがわかり、ぽつりぽつりと…。
美濃市を越え、高速高鷲ICを過ぎるころには本降りに…。「あ~、降ってきちゃったよぉ」
ま、天気のことは仕方ないですね(^^; 雨なら雨で楽しめるキャンプをしましょう。
ということで雨が降りしきる中、待望のひるがの高原キャンプ場に到着。

IMG_0856.JPG

この日のために一か月も前から練っていた待望のキャンプです。楽しんでいきましょう。
ということで、楽しい雨のキャンプの模様はまた後日お伝えいたしますね。

しかし、ここのところキャンプばかりだなぁ…。しかも雨の(笑)。


-----------------------------------------


ひるがの高原キャンプ場
〒501-5301 岐阜県郡上市高鷲町ひるがの4714番地2
TEL 0575-73-2331 FAX 0575-73-2716
※小川が流れる壮大な自然の中にあるキャンプ場。サイトは木立に囲まれていて夏でも快適に過ごせるのが特徴。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

登山・キャンプランキング

オートキャンプランキング





nice!(3)  コメント(0) 

絶景 Vol.2 雲海 [Photo]

DSC_20180710gongen.JPG


絶景…。その場所からしか、その場所へ訪れないと観ることのできない景観。 今まで撮り貯めてきたベストショットを小出しで紹介します。


第二弾は「雲海」。この雲海も、その山に登ってきた者しか観ることのできない光景。じっくりご堪能ください。

(TOP写真は南八ヶ岳の権現岳)




続きを読む


nice!(4)  コメント(2) 

絶景 Vol.1 ご来光 [Photo]

DSC_0933.JPG


絶景。その場所からしか、その場所へ訪れないと観ることのできない景観。 今まで撮り貯めてきたベストショットを小出しで紹介します。


第一回目は山からのご来光。 この山の頂からのご来光も、その山に登ってきた者しか観ることのできない光景です。



続きを読む


nice!(4)  コメント(2) 

2020.08.19-20 2020年夏のアルプス。絶景の八方池と白馬三山、そして立山連峰を眺める山旅。後立山連峰 唐松岳登山 其の一:美しすぎる八方池へ [山歩き]

今年の夏山、アルプス山行は後立山連峰、唐松岳へ。
唐松岳は冬の雪山の経験はあるけど、夏山は初めて。冬季に雪で埋まっていて観ることができなかった夏の八方池を観てみたいというのも今回この山を選んだ理由のうちの一つ。

DSC_0693.JPG

前日夜のうちに地元を出発。登山口であるゴンドラ山麓駅で仮眠して朝一番のゴンドラ3つ乗り継いで辿り着いた八方池山荘。
天気も最高です。さぁ! いざ唐松岳山頂目指して出発しましょう。

尚、唐松岳登山計画の経緯と当日八方池山荘までの模様は「登山速報 序章」をご覧くださいませ。

続きを読む


nice!(1)  コメント(2) 

キャンプ速報! 予定変更で急遽ソロでキャンプ♬ またしても雨の飯地高原(笑)。 [速報!]

かなり遅い夏休みをとって本当は一泊の山旅をする計画だったのが、急遽諸事情で中止に。
ならばどこかひとりでキャンプでも、と考えたのですが、休み当日まであと二日。しかも4連休の前日。
キャンプ場もいっぱいだよなぁ…。ダメ元でホームグランドである飯地高原自然テント村に問い合せしました。
あっさり断られる体で問い合わせたら、なんと前日は空いているとのこと。「わっ、ラッキー♬」
ということで、急遽キャンプに変更です。
一泊の山歩きが、一泊のキャンプになりましたが、山に佇むことができるので、それもいいか。
しかも、計画していた山も、天候悪いそうだし…(笑)。

IMG_0728.JPG

ということで、"ひとりキャンプ、食って寝る" 的なソロキャンプをホームグランド、飯地高原自然テント村で楽しんできました。
し…しかし(笑)。
キャンプ当日の天気、当初行く計画をしていた長野方面も雨予報。こちらも天気悪くなるだろうな…という想定でキャンプ仕様を考え挑んだのですが、朝起きたらめっちゃ晴れ(笑)。
TVの朝のワイドショーによると、午前中は晴れてても昼から崩れるとかなんとか。
でもこの天気、本当に崩れるの? 半信半疑で一応雨仕様の装備で出発。
車を恵那方面に走らせていると…、なんか雲行きが怪しくなってきた。「おいおい^^;」(笑)。
木曽川を越え、飯地高原に向かう山道を登っていくと…ポツンポツン。
そして急にザーっ。
や、やっぱり・・・
ま、雨は慣れっこだもんね(笑)。

DSC_0408.JPG

本日は自分含めて5組。ただ翌日から(4連休初日)予約は満杯だそう。よかった(ホッ)。
今宵はまた雨音をBGMにしてひとりまったり楽しもう♪
ということで、ひとりキャンプのはじまりです。
今回は夜の自作調理、前回のリベンジをするべく、揃えてきました。

このキャンプの模様は後日詳しくお伝えします。どうぞお楽しみに♬
しかし、このところ本当に雨キャンプが続いてます(笑)。ま…安定ですね(爆)

-----------------------------------------


飯地高原自然テント村
標高600メートル。薪ストーブのあるキャンプ場。涼しい高原の風に吹かれて、自然を満喫。夜は満天の星空の下、パチパチ燃える焚き火の灯りで静かに過ごす…。 オートキャンプサイト、林間サイト、コテージなどさまざまなスタイルのキャンプが楽しめるキャンプ場。

DSC_0495.JPG


飯地高原自然テント村 公式サイト ⇒

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

登山・キャンプランキング

オートキャンプランキング





nice!(4)  コメント(1) 

「いつまでたっても完成しない里山」地元住民の協力で少しづつ作り上げているキャンプ場でデイキャンプ。@長浜市 デルフリキャンプ [キャンプ]

夏真っ盛り。これだけ暑いと、アルプスなどの高い山に行って涼んでこればいいのですが、僅か一日の休みではアルプスまで日帰りで行ってくるなんて無謀なことは出来ず、ましてや前日までの激務では早起きも出来ないだろうということで、近場の山を探していたのですが、この酷暑では…。
さて、次の休みどうしようと考えていたら、知人から「滋賀県の長浜市だけど、面白そうなキャンプ場がある」と教えてもらい、ググってみたら…
「いつまでたっても完成しない里山」というキャッチコピーが目に入ってきました。え? なにこれ、面白そう♬ ってことで、直ぐに電話。休み当日まで僅かだったので、どうかなと思っていたのですが、あっさり予約できてしまいました(笑)。

DSC_0551.JPG

ということで、デイキャンプですが、この「いつまでたっても完成しない里山」に行ってみましょう(*^^)

続きを読む


nice!(4)  コメント(4) 

2020.07.21-22 2020年夏の八ヶ岳 苔生した北八ヶ岳周回 白駒池と茶臼山、縞枯山  其の五;夏の八ヶ岳周回最後の山越え、縞枯山へ [山歩き]

2020年夏の北八ヶ岳周回もいよいよクライマックス。最後の山は縞枯山。
八ヶ岳周回の後半のクライマックスである茶臼山と縞枯山への登山。麦草峠と坪庭のライン上にあるこのふたつの山、必ずしも八ヶ岳の中ではメジャーとはいえないのですが、中々侮れない山でした。
そのひとつめの茶臼山。苔生した樹林帯の長い長い直登を登り詰めると目下に広がる北八ヶ岳の緑深い森。これが八ヶ岳の山々の中でマイナーな山といえるのでしょうか。全く素晴らしい山でした。

DSC_0455.JPG

さて今回最後の章では、素晴らしい景観を見せてくれた茶臼山に続き、この北八ヶ岳周回最後の山越え、縞枯山の山行をお伝えいたします。

※ 前回のブログ記事はコチラ

続きを読む


nice!(1)  コメント(2) 

2020.07.21-22 2020年夏の八ヶ岳 苔生した北八ヶ岳周回 白駒池と茶臼山、縞枯山  其の四;麦草峠から茶臼山 [山歩き]

2020年夏の八ヶ岳、北八ヶ岳周回の第四幕。
気が付いたら、この八ヶ岳の物語、もう4編に跨ってしまいましたね(苦笑)。
山歩きから帰ってきてもう一か月以上経ってしまいました(汗)。もうそのほかの話題が幾分溜まってきてしまっているんですが…(^^ゞ
ま、のんびりやっていきますので長い目で見てやってくださいね(苦笑)。

DSC_0431.JPG

さて本題です。高見石小屋で一泊し、その翌日。昨夜の雨も上がり、絶好の山歩き日和となりました。
でも小屋番さんの話だと、午後からまた崩れてくるとのこと。早めの行動しなきゃですね。
朝の綺麗な白駒池を堪能した後は、いよいよ茶臼山と縞枯山を登ります。その後雨池峠を経て坪庭に戻るという計画です。
今回の北八ヶ岳の山旅で初めて山のピークに立ちます(笑)。
さ、行ってみましょ。

※ 前回のブログ記事はコチラ

続きを読む


nice!(1)  コメント(2) 

キャンプ速報! またまた雨予報のなか、多治見市と犬山市の境にある八曽の里キャンプ場でキャンプしてきました! [速報!]

台風一過! 先日の台風9号と10号は本当にヤバかったですよね。この地方は直接的には絡んでいなかったですが、台風のルートに当たった地方の皆さまは大変な思いをされていることと思います。
災害に遭われた皆様、早く復旧されることをお祈り申し上げます。
さて、この台風で直接的には台風の影響はなかったとはいえ、10号が引き連れてきた雨雲に現在も翻弄され続けている現状です。
台風通過後、台風一過の好天は全くなし。それからというもの、ほぼ毎日雨と晴れが一日の間に交互するという不安定な日々。この先、まだ来週まで雨続きといいます(苦笑)。
9月の後半泊りで山なんですがとても心配です。

そんななか、またまたキャンプ(笑)。ま、天候よりも先に計画していたので仕方ありませんし、もう昨年からずっと雨のキャンプは何度も経験済みということで今回も雨を承知で行ってこようということになりました。

DSC_0244.JPG

今回のキャンプ場は岐阜県多治見市と愛知県犬山市の境にある八曽山の麓、「八曽の里キャンプ場」です。
多治見市と犬山市の境の山の中にあるキャンプ場で、自然の山の中をまんま利用したいい感じのキャンプ場です。ちょっとアクセスが面倒な点が難点ですが(愛知県側からのアクセスよりは岐阜県多治見市からのアクセスの方が道が整備されています)、いいところですよ。

詳細は後日ということで、今回の速報でちょこっとだけお伝えしたいと思います。


続きを読む


nice!(7)  コメント(4) 

レイニー・キャンプ in 飯地高原自然テント村 美味い酒と美味いソトメシで雨でも楽し♬ [キャンプ]

只今苔生した八ヶ岳の山歩きをご紹介している途中ではありますが、な・・・なんとその前にキャンプに行っていたことをすっかり忘れていましたΣ(・ω・ノ)ノ!
ということで、山歩きは一旦休憩いたしまして、7月の15・16日、一泊で楽しんできたキャンプの模様を簡単にお伝えしたいと思います。

DSC_0008-1.jpg

キャンプ地は、最近ホームグランド化している恵那市の飯地高原自然テント村。標高がそこそこあり、夏でも過ごしやすいキャンプ場です。しかも周りには民家などはほぼなく、静かで快適なキャンプができるんです。
当日は豪雨の過ぎ去った後で、不安定な天気でしたが、予報では回復していくということでしたし、まぁ、雨のキャンプもまた楽し♬ ってことで(笑)。



続きを読む


nice!(6)  コメント(4) 

2020.07.21-22 2020年夏の八ヶ岳 苔生した北八ヶ岳周回 白駒池と茶臼山、縞枯山 其の三;高見石小屋と白駒池 [山歩き]

2020年夏の八ヶ岳、北八ヶ岳周回の第三幕。
麦草峠から白駒池分岐を経て、高見石へ登ってきました。白駒池分岐からの登りは、地味な登りだったのですが、これが結構直登で堪えました(苦笑)。
高見石小屋に到着後、登った高見石からの360度の眺望は、曇り空とはいえ、最高の眺望。
時間が許す限りまったりと眺望を楽しみました。

DSC_0314.JPG

さて、北八ヶ岳の夏旅第三幕は、高見石小屋での楽しい晩餐と翌日の白駒池をお伝えいたします。

※ 前回のブログ記事はコチラ

続きを読む


nice!(4)  コメント(4) 

2020.07.21-22 2020年夏の八ヶ岳 苔生した北八ヶ岳周回 白駒池と茶臼山、縞枯山 其の二;麦草峠から高見石(高見石小屋泊) [山歩き]

2020年夏の八ヶ岳、北八ヶ岳周回の第二幕。
前回は北八ヶ岳ロープウェイ山上駅、坪庭から縞枯山、茶臼山の脇をトラバースして麦草峠までの道程をお伝えしました。
オトギリ平を "オダギリ" と間違えて連呼したり楽しい山歩きでしたが、麦草峠間近の「コケモモの庭」には感激。このルートで歩かなければ多分この先も目の当たりにすることはないでしょう。素晴らしい景観でした。

DSC_0207.JPG

さて今回の第二幕は、初日のハイライトともいえる麦草峠から高見石小屋へ向かいます。今回はどんな絶景が我々を待っているのでしょうか。楽しみですね。前回も前々回も雨により、高見石に登っていません。高見石からの眺望も楽しみです。

※前回、第一幕のブログ記事はコチラ





続きを読む


nice!(2)  コメント(2) 

登山速報! なんと8ヶ月ぶりのチーム登山。夏の低山、多度山へ。(序章) [速報!]

先日の休日、久しぶりに木曜日に休みが取れたということで、実に久しぶりに木曜会のメンバーと山歩きを楽しんできました。
なんと8か月ぶり。
それまで何度か木曜会で計画した山行はあったのですが、やはり木曜日って雨になるパターンが多いようで、中止になることが多く、それに付け加え、コロナ問題で、中々集まることができませんでした。
漸く、久しぶりにみんな集まりましたね。とはいっても、2名ほど一緒に歩きたかったメンバーが欠席(涙)。
でも声掛けにしっかり調整して集まってくれたのは嬉しいです。

先週過酷な猛暑の北アルプス山行をしたこともあって、今回はサクッと歩けたらいいなと思っていたところ、皆あまり山歩きをしていないようで、「まったり歩き」をしたいとの要望が多く、まだちょっと暑いのでどうしようか迷いましたが、三重県桑名市の上げ馬神事で有名な多度大社がある山、多度山に決定。

DSC_0142.JPG

どうせ多度に行くならと多度在住の友人に登山後の楽しみ方を教えてもらいました。
友人の同級生が多度山の麓、多度峡でBBQ店を経営しているとのことなので、下山後はBBQランチで楽しみましょうという計画。こりゃ楽しみだね。BBQの予約も友人が口をきいてくれ、スムーズに予約完了。

DSC_0210.JPG

で、今回参加してくれたメンバーは、なんと7人。自分を入れて8人。よく集まりましたねぇ。その中にはメンバーのお子さん(なんと3歳!)も(笑)。
ワイワイ賑やかな山歩きになりそうですね。ま、コロナ感染という問題もあるので、しっかりソーシャルディスタンスを取り、感染防止に努めながら山歩きを楽しんでいこうと思います。

ルートですが、多度山はいつもは岐阜県の石津御嶽から縦走してくるのですが、今回はいつもの下山口、愛宕神社の登山口から最短で多度山に登頂。その後、多度峡へ向かって周回するコース。
下山間近にある "天然プール" で水遊びを少しだけしてBBQランチへ。

DSC_0195.JPG

暑いだろうけど、最後の天然プールでの水遊びとそのあとのBBQを楽しみに登っていこうと思います。
当日が楽しみだ! と思っていたのですが、なんとあれだけ晴れ続きだったのに、当日いやぁ~な雲行き…(苦笑)。
なんと木曜日はやはりそうなのか!
ま、雨が降らなきゃ大丈夫!ってことで、決行しましょ。
いよいよ低山山行とBBQランチの山旅。スタートです。

というところで、詳細は後日本編でお伝えいたしますね。お楽しみに。
…と言っていながら、結構山行記、溜まっているんですよね(苦笑)。どうか気長にお待ちくださいませm(__)m

-----------------------------------------


share_1598510398899[54].jpg


多度山(たどやま、たどさん)は三重県桑名市と岐阜県海津市にまたがる標高 403 mの山で、養老山地の南端に位置します。南山麓に古代より鎮座する式内社の多度大社は広く知られています。大社創建以前は山全体を神体としており、山中に正式な磐座(いわくら)が鎮座していたという記録が残っているとのこと。
山域は、周辺の輪中風景、木曽三川、千本松原と共に、1953年10月1日に「水郷県立自然公園」に指定されました。岐阜県山岳連盟により、"続ぎふ百山" のひとつに選定されています。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

登山・キャンプランキング

登山ランキング

ハイキングランキング






nice!(4)  コメント(2) 

2020.07.21-22 2020年夏の八ヶ岳 苔生した北八ヶ岳周回 白駒池と茶臼山、縞枯山 其の一;坪庭から麦草峠 [山歩き]

2020年夏の八ヶ岳。今年も大好きな八ヶ岳にいます。そして今年も北八ヶ岳、白駒池。三年連続ですね(笑)。
でも過去二回は無情の雨でした。雨でも楽しめる北八ヶ岳なのですが、やはり晴れの眺望が見たい。
雨の雫で美しい苔も素晴らしいですが、緑と青のコントラストが見たい。
今年は三度目の正直というわけではないのですが、なにかいい眺望が見れる予感(*^^)。

DSC_0168.JPG

今年は無理をしない山歩きということで、ゆっくりまったりの山歩き計画です。
前半は先ず、北八ヶ岳ロープウェイ山上駅の坪庭をスタートして、縞枯山と茶臼山の麓を麦草峠まで向かいます。
その後、麦草峠から高見石まで登っていき、高見石小屋で一泊するというルート。
さぁ、いよいよ出発です。

※ 北八ヶ岳の山歩き、序章の記事はコチラ

続きを読む


nice!(3)  コメント(4) 

登山速報! 2020年夏のアルプス。絶景の八方池と白馬三山、そして立山連峰を眺める山旅。後立山連峰 唐松岳登山(序章) [速報!]

2020年、夏山。いつもなら既に2~3座登っているのに、今年は漸く2座目。
コロナの影響や、6月から7月にかけての異常気象によって計画も殆ど中止状態^^;。
漸く異常な梅雨が明けたと思ったら、今度は猛暑(苦笑)。一体どうなっているんでしょうかね。
本当は、3年越しの計画、後立山連峰の針ノ木岳からぐるっと周回を今年こそは実現したいと思っていたのですが、コロナの影響でルート上の山小屋が休業という事態に再び断念。もうひとつ、こちらも5年越しの計画、上高地クラシックルートで歩く徳本峠越えも付近で頻発している地震で登山道の状況がいまひとつ。更に異例の熊出没事件で、こちらも断念…。
「まったく…」と思っていた矢先、知人から「涼を求めて、どこかアルプスの山を歩きませんか?」というお誘いが。これに便乗しない手はないですよね(*^^)v
早速、どの山に行くか同行予定の友人たちと相談。
今年は、標高の高い山は勿論、低山も殆ど歩けていないので、体力もそれほどついていないということで、なるべくまったりと歩ける山を探しました。
で、候補に挙がった唐松岳。

DSC_0796.JPG

ある程度経験を積んだ登山者なら、唐松から五竜への縦走という計画もありなのですが、今年は無理をしない山歩きに徹しようと思い、唐松のピストンで。しかも日帰りでなく、山小屋泊でゆ~っくり登っていこうという計画にしました。八方池もじっくり堪能したいしね(*^^)v
唐松岳なら雪山シーズンでの登頂の経験もあるので、大丈夫だろうと過信していたのですが、計画を聞いた師匠の一言、「夏山の唐松、侮れないぞ」
ガイドブックや情報誌、ネットでも北アルプスのビギナー的な山と言われている山なんですけど、"侮れない" とは…?
うっ・・・。ま、どんな山でも「山をなめるな」の考え方で準備を万端にして、細かいところまで計画していきましょ。

続きを読む


nice!(1)  コメント(4) 

2020.07.21 2020年夏の八ヶ岳 苔生した北八ヶ岳周回 白駒池と茶臼山、縞枯山 序章 [山歩き]

ついに山歩き、夏シーズンの幕開け!
3月からのコロナウィルス騒動により、ほとんど今までの生活ができなくなり、漸く6月に自粛解除!
さぁ、新しい生活基準の中で、ルールを守りつつ、山歩きを楽しむぞ!と夏の山歩き計画をしていた矢先、今度は例年に増しての雨の被害…。全く今年はどうかしてましたね(苦笑)。

今年は夏のアルプス縦走はたぶんできないと思っていたのですが、7月に入って徐々に山小屋も営業を開始。密にならない程度に人数を少なくして予約を開始してきています。
なんとか1~2度くらいならアルプスに行けそうな予感…
ということで、温めていた計画を再開したのが八ヶ岳周回登山。
毎年夏の長野県の山々を歩く第一弾は八ヶ岳と決めています。そして今回計画したのは、昨年雨によって物凄い経験をすることになった北八ヶ岳、白駒池周回のリトライ。

DSC_0199.JPG





続きを読む


nice!(6)  コメント(4) 

2020.06.24 滋賀と福井の境に鎮座するブナ林と笹の平原が美しい 岩籠山へ。其の二;笹の台地、インデアン平原と岩籠山山頂 [山歩き]

福井と滋賀の県境に鎮座する、岩籠山(いわごもりやま)山行記、第二節。
前章は、登山口から何度もアップダウンを登り返し、深緑のブナ林に癒され、岩場の急登をよじ登り、笹の台地までやってきました。
登りやすい山と聞きましたが、中々侮れないルートでしたよ(苦笑)

DSC_0887.JPG

さて第二章は、いよいよ笹の台地、インデアン平原から岩籠山山頂へ向かいます。

※前回のブログ記事はコチラ

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 

2020.06.24 滋賀と福井の境に鎮座するブナ林と笹の平原が美しい 岩籠山へ。其の一;緑深きブナ林と笹の台地 [山歩き]

PCを新調し、漸く山歩きの記事をアップすることができます。正直データ移行が長く大変でした(苦笑)。
さて、いよいよ山歩きのお話。今回は6/24の山行です。
第一波のコロナ自粛明け三回目の山登りは福井の山、岩籠山(いわごもりやま)に遠征です。
まぁ、福井県の山といいながら、場所的には滋賀県との県境に位置していて、地元岐阜の東濃から高速で1時間半ほどで行けてしまうんです。丁度高島トレイル、メタセコイヤ並木道で有名な滋賀のマキノからほど近い。

DSC_0809.JPG

この山に登る経緯などは序章である「登山速報」に載せてありますので、先ずはそちらからご覧になってください。
序章「登山速報」はコチラ です。

さ、久しぶりの男三人の山歩き、行ってみましょうか♪

続きを読む


nice!(4)  コメント(4) 

キャンプ速報! 滋賀の "未完の里山" と岐阜県、美濃白川のキャンプ場でキャンプ。 [速報!]

本当は先月登った登山の記事をアップしなきゃいけないはずだったのですが、山歩きの記事をアップする前に… 先日滋賀県の長浜市にあるまだ新しい、というのか整備中(と言っても今後もずっと整備中かもしれません^^;)のキャンプ場と続いて岐阜県の美濃白川でキャンプをしてきたので、速報という形でご報告を。

DSC_0546.JPG


まず、滋賀県のキャンプ場。
元々その日は木曽駒ケ岳へ久しぶりの登山に行こうという計画で予定していたのですが、コロナ感染がまた増えてきた中で、この状況で人気のアルプス、そして越境は少々ヤバいんじゃないかということで、近場の山に変更したのですが、これだけ暑いと熱中症が恐ろしいので山歩きは中止。
ゆっくりデイキャンプをしようということになりました。
どこがいいか調べていたら、滋賀県の長浜市に「いつまでたっても完成しない里山」と自ら公表しているキャンプ場が。
なにこれ? なんか面白そう! ということで早速予約して行ってきました。
これがまた、中々のもので、本当に整地も途中。しかも水場がまだできていないというキャンプ場。
だが、そこがいい♬ 
ブッシュクラフトには最適な場所でした。

DSC_0545.JPG

詳細は後日記事にいたしますので、楽しみにしていてくださいね。

もうひとつは、岐阜県は美濃白川でのキャンプ。
たまたま急遽連休をいただけたので、僕のキャンプの師匠とデュオでキャンプをすることになり、お盆休みに入る連休の初日にこれまた、たまたまキャンプ場を予約することができたので、行ってきました。

DSC_0573.JPG

不幸にも東海三県に再び感染者が増えたということもあり、二人でのキャンプでしたが、其々ソロスタイルで、距離を置き、食事も各々で作って過ごすという、完全ソーシャルディスタンスで行ったキャンプになりました。
でも久しぶりの師匠との二人だけのキャンプに、積る話に花を咲かせることができ、うれしかったです。

DSC_0599.JPG


このふたつのキャンプ模様は、山行記アップ後にご紹介させていただきますので、ご期待くださいね。

-----------------------------------------


2020.08.05 デイキャンプ デルフリキャンプ・キャンプ場 (滋賀県長浜市小谷上山田町)
2020.08.08-09 泊りキャンプ 美濃白川・クォーレふれあいの里キャンプ場 (岐阜県岐阜県加茂郡白川町)

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

登山・キャンプランキング

オートキャンプランキング

nice!(4)  コメント(2) 

空白の一か月の間の出来事(旧PCがイカれてから復活までの記録)と近況 [雑記]

久しぶりのブログ更新に、一体いつまでのアウトドアライフをアップしていたのか、また、空白の一か月間でどれだけ野外活動していたのかをざっと復習してみました。
前のPCがイカれてからの一か月はコロナの影響や、前代未聞の大雨の影響で、それほど野外活動はしていないので、なんとかリアルタイムに追いつけそうです。
…ちょっと一安心(ホッ…)

DSC_0137.JPG


-----------------------------------------



続きを読む


nice!(2)  コメント(2) 
前の20件 | -