SSブログ
前の20件 | -

【お知らせ】

いつも当ブログにお越しいただき、

そして "nice!" また、心暖かいコメントいただき、ありがとうございますm(__)m

いつも嬉しくコメント拝見させていただいております

諸事情により、ブログ更新を暫くお休みさせていただこうかと思っております

この場でみな様と知り合え、仲良くさせていただき、ほんとうに嬉しく思います

いままでどうもありがとうございました

また再開させていただくときは、今まで同様仲良くしてくださいまし

どうぞよろしくお願いいたします

                    ぼの
nice!(23)  コメント(8) 

雨後の空 [Photo]

DSC_0280.JPG


本日の雨後の空模様

台風4号が温帯低気圧となり、雨予報から一変。午前中から昼過ぎまで真夏の天気となりました。
但し予報は、夕方から雷雨の予報…。
本当かなと思っていたら、予報通り。バケツをひっくり返したような雨と風。そして夥しい雷鳴。
本当に酷かったです。

かと思ったら、一時間ほどでピタッと止み、この天気。
短時間で目まぐるしく変わった空模様でしたが、上がってからの空が中々良くってつい、写真を何枚か撮りました。
雨後の空模様…中々幻想的じゃないですか?

DSC_0281.JPG

DSC_0283.JPG

DSC_0286.JPG


-----------------------------------------


にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

登山・キャンプランキング




タグ:
nice!(24)  コメント(10) 

2022.06.30-07.01 ”日本一星の綺麗な阿智村” 南信州の自然味溢れる避暑地で清流キャンプ @弓の又キャンプ場 [キャンプ]

「避暑地的なところでゆったりキャンプしよう」ということで、地元から一番近い避暑地、長野県の阿智村でキャンプをしてきました。
阿智村といえば「日本で一番星が綺麗に見える村」として人気になっている村。
阿智村のヘブンス園原スキー場に程近い場所にある「弓の又キャンプ場」が今回利用したキャンプ場です。

DSC_0246.JPG

このキャンプ場、以前から看板だけは見ていて、気になっていたのですが、中々機会がなく、漸く利用することが出来ました。
"日本一の星空" を期待していたのですが、なんと予想外に隣接している弓の又川が綺麗でビックリしましたよ。その川に関しては前回の記事で公開していますので、☞ ソチラ ☜ をご覧ください。


続きを読む


nice!(19)  コメント(7) 

今年の夏山… [登山関連 (山道具など)]

今年もいよいよシーズンイン。
北・中央・南アルプスや八ヶ岳、白山など、3,000m峰のグリーンシーズン到来です。
昨年、一昨年と思うような夏山登山が出来ず、今年はコロナも例年に比べ落ち着きつつあるので(とはいえ、油断は大敵ですが)、今まで行けなかった分、ちょっとは行けるかな? と思っていた矢先…
6月にして(もう7月に入りましたが ^^;)この暑さは何?

DSC_0094.JPG

唐松岳、八方尾根から望む八方池と白馬三山


先日(6月末) 友人が自分の山仲間の先陣きって、涼を求めて北アルプス常念岳 (標高2,857m)にテント担いで登りに行きました。
聞くと…「もう今年はテント担いで行かない!」とのこと(苦笑)。
「なんで?」の答えが、「暑すぎて堪らなかった」そうなんです。 登山口から山頂直下のテント場がある山小屋まで向かう途中で "熱中症" に罹りそうだったし、標高2,450mにある山小屋周辺でもかなり暑かったそうで、テントを設営して中でゆっくり休もうと思っても、暑すぎてテント内に居られなかったとのこと。陽が陰ったころには漸く過ごしやすくなったそうですが…
6月末でこんなに暑くて堪らないのは初めてだったそう。
暑すぎて食が喉を通らなかったらしいのです。

jyonen.jpg

それ聞いたら、ちょっと躊躇しますよね(苦笑)
二年前の夏に登った唐松岳も結構暑くて、熱中症になられてた登山者が多かった記憶があったのですが、それよりもまだ今年の方が酷かったとのこと。
特に今年は、久しぶりにテント担いで登ろうかなと思っていたので、それ聞いて一気にトーンダウンです(苦笑)。

今年は以前から計画しておきながら、中々行くことができなかった北アルプスの奥座敷、"雲ノ平" や、奥秩父山塊の "瑞牆山"、"金峰山"。そして南アルプスの名峰、"聖岳" に登りたいと思っていたのですが…。

kumo.jpg

hijiri.jpg

雲ノ平から望む鷲ヶ岳 と 南アルプスの名峰 聖岳


特に雲ノ平と南アの聖岳はどちらも挑戦してみたい山。どちらもロングルートだけにちょっと考えてしまうなぁ…。
途中暑さと疲労でクタばったらそれこそヤバいし (>。<;
また、今年は梅雨が短かったこともあり、7月以降台風が多いかもと言われていますし…
例年とは別の意味で気象に翻弄されそうです。
う~む・・・どうしたものか
ちょっと悩んでみます (^^;

-----------------------------------------


雲ノ平(くものたいら)は、富山県富山市有峰の飛騨山脈(北アルプス)黒部川源流部に位置するなだらかな溶岩台地。黒部川とその支流である岩苔小谷に挟まれた標高2,500から2,700 mの日本で最も高い位置にある溶岩台地で、祖父岳火山 (2,825 m) により形成されています。面積は25万平方メートル。池塘と岩が点在し、高山植物の宝庫となっています。

聖岳(ひじりだけ)は、赤石山脈(南アルプス)南部の静岡市葵区と長野県飯田市の境界に位置する標高3,013mの山で日本百名山(深田久弥 著)のうちのひとつ。主峰は標高3,013mの聖岳(前聖岳) で、その東側約500mの地点に奥聖岳、南側約800mの地点に小聖岳を従えています。裾野から山頂まで緑に覆われたその優美な姿が人気で、「長いコースを登り切った先から見える景色は圧巻!」とのこと。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

登山ランキング

ハイキングランキング



nice!(16)  コメント(10) 

冷たく透き通った水面! 中部地方の避暑地、日本一星の綺麗な阿智村の "清流 弓の又川 (阿智川)" @長野県下伊那郡阿智村 [おでかけ・ぶらり旅]

DSC_0213.JPG

いやぁ~、暑いですねぇ。
異例の早さで明けてしまった今年の梅雨。そして間髪入れずに襲い掛かる猛暑…。
6月でこんな感じだと、夏本番の7月8月は一体どうなるんでしょう(疑)
僕の住む岐阜県東濃地区も、本日隣の市がお約束の(笑)40度を超えたそう(苦笑)。
中々寝苦しい夜が続きます。

ならば! ということで「避暑地でキャンプしましょうよ!」 と、向かったのが地元百名山 "恵那山" の反対側。
長野県阿智村のキャンプ場に一泊で行ってまいりました。阿智村は「日本一星が綺麗な村」。しかも標高も1,000m程あるので、過ごしやすかったです。
利用したキャンプ場は「弓の又キャンプ場」。
キャンプの模様は後日お伝えしようかと思うのですが、このキャンプ場に並行するように流れる川、"弓の又川 (阿智川)" が想像以上に冷たく、とても綺麗でしたので、先ずそちらからご紹介したいと思います。

続きを読む


nice!(19)  コメント(10) 

2022年1月から6月までのキャンプ記録を索引に追加しました。 [雑記]

DSC_0121.JPG


先日の山行記索引に続いて、本年度上半期のキャンプ記録を索引に追加しました。
キャンプ場検索などにご利用いただければと思います。

今年の上半期は…

1月 伊木山フォレスト
2月 八風キャンプ場
3月 くしはら温泉ささゆりの湯キャンプ場、2 Four Camp、飯地高原自然テント村
4月 岐阜県某所(キャンプ実証実験)、飯地高原自然テント村
5月 グリーンプラザみやま
6月 福岡ローマン渓谷オートキャンプ場、華音の森

と9か所10泊のキャンプでした。
まぁ、毎度同じキャンプ場が多いのですが、今回新規開拓したキャンプ場が5か所。
特に三重県菰野町の "八風キャンプ場" と南伊勢の "2 Four Camp"、そして岐阜県山県市の "グリーンプラザみやま" は良かったですね。

索引のカテゴリはコチラをご覧くださいませ。
気になるキャンプ場があれば、公式サイトへもリンクしていますので、是非。

-----------------------------------------


にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

オートキャンプランキング

登山・キャンプランキング




nice!(16)  コメント(6) 

巨岩を抱え込んだ石垣と天守跡から望む大パノラマ! 岐阜県中津川市の ”天空の城” 「苗木城址」 [おでかけ・ぶらり旅]

DSC_0620.JPG


岐阜県中津川市を東西に流れる木曽川の右岸に聳える高森山(標高432m) に築かれていた苗木城。
岐阜の "天空の城" と呼ばれている苗木城に、福岡ローマン渓谷キャンプ場でのキャンプ(2022.06.03)の帰りに久しぶりに立ち寄ってみました。
苗木城址は福岡ローマン渓谷キャンプ場から中津川方面に15分程戻ったところにあり、キャンプ帰りの観光スポットとしては最適な場所に位置します。


続きを読む


タグ:苗木城址
nice!(14)  コメント(4) 

今年の1月から6月までの山行索引 (五十音順) をリストアップしました。 [雑記]

277614961_355471679860356_5058703857372328498_n.jpg


今年に入ってからの山行記のリストをカテゴリの「山行索引」に追加しました。
山の検索にご活用ください。

今年上半期に登った山々

1月 竜ヶ岳、米田白山
2月 池田山
3月 大湫探検ウォーク (本陣山付近)、遠見山から納古山
4月 入道ヶ岳、納古山
5月 各務原アルプス (迫間山・明王山・金毘羅山) 三座周回、御在所岳
6月 高木山から山之上富士山、権現山 (御嶽山)、猿投山

…コロナ騒動以降、かなり少なくなってしまいましたね。ちょっと物足りない気もします(苦笑)。
下半期はもう少し登りに行きたいなと思います。

※ 索引のカテゴリへは ☞コチラ ☜ をクリック(タップ) してください。

尚、キャンプの索引は後日公開する予定です。こちらもお楽しみに♩


-----------------------------------------


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

登山ランキング

ハイキングランキング


nice!(11)  コメント(6) 

2022.06.23 梅雨の合間の低山ハイク 愛知の人気低山・猿投山の豊田市側、猿投神社ルート [山歩き]

お久しぶりの友人から「どこかサクッと登れる山に行きませんか?」との誘いを受け、登ってきた愛知県の人気低山、猿投山。

DSC_0079.JPG

いつもは瀬戸側から登るのですが、今回は最近の運動不足とこの梅雨時の蒸し暑さを考え、比較的楽に登れる豊田市側の猿投神社ルートで登る計画を立てました。猿投神社ルートは実に3年ぶり。
今回のハイキングの経緯や山のことについてなどは、前回公開した ☞ 登山速報 ☜ をご覧いただければと思います。

梅雨の合間の晴れではありますが、前日までの雨によってかなり蒸し暑くなることを想定して少し早めに登り始めようと話していたのですが、交通状況の問題で、結局いつもと同じ時間に…(苦笑)
まぁ、無理せずゆっくり歩きましょう。

続きを読む


タグ:猿投山
nice!(11)  コメント(3) 

猿投山の麓に鎮座する由緒ある神社、猿投神社 [おでかけ・ぶらり旅]

DSC_0090.JPG


先日登った猿投山の麓に鎮座する猿投神社。
愛知県豊田市にある神社で、豊川市の砥鹿神社、知立市の知立神社に並ぶ "三河国三宮" のうちのひとつ です。
猿投山の麓に神社本社を置き、猿投山の東峰に "東の宮"、西峰に "西の宮" があり (猿投三社大明神)、山歩きをしながら本殿、奥の院と巡ることが出来、猿投山全体が猿投神社の御神体となっています。

DSC_0014.JPG

猿投山の東峰にある "東の宮"


DSC_0067.JPG

猿投山 西峰にある "西の宮"

このふたつの奥の院も今回の山歩きで巡ってきていますので、この後公開する予定の本編もお楽しみに。
そして山自体も古くから山嶽信仰・巨石信仰の場として崇められてきました。天然記念物に指定された球状花崗岩である "菊石" をはじめ、”御船石”、”蛙石”、”屏風岩”、”御鞍石”、登山口付近にある "お倉岩" など、伝説の残る巨岩を見ることが出来ます。

猿投神社の主祭神は、"大碓命 (おおうすのみこと)"。大碓命は、古墳時代の皇族の一人で、"小碓命 (おうすのみこと)" すなわち "日本武尊" の双子の兄にあたります。大碓命はこの地の開拓に尽くしていましたが、猿投山で毒ヘビのために亡くなったとされ、西の宮の裏手に大碓命の墓所があります。
また、猿投神社では古くから左鎌を奉納して祈願する風習があるとのことですが、これは御祭神・大碓命が左利きであったことから、左鎌を用いて開拓されたことを慕ったことが起こりではないかと言われているそうです。

DSC_0087.JPG

その猿投神社境内は非常に広く、荘厳な雰囲気。
境内の右手には太鼓のある太鼓殿、左手には御手洗乃滝があります。また、棒の手顕彰碑も境内にあります。

DSC_0098.JPG

DSC_0099.JPG

DSC_0088.JPG

DSC_0089.JPG

荘厳なる雰囲気の猿投神社境内


DSC_0096.JPG

DSC_0097.JPG

DSC_0095.JPG

聖域、"御手洗乃滝"


DSC_0103.JPG

今回も登山後に参拝してきましたが、やはり何度参っても圧倒的な雰囲気でした。




-----------------------------------------


猿投神社
所在地:豊田市猿投町大城
連絡先: 0565-45-1917





にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

登山ランキング

ハイキングランキング



タグ:猿投神社
nice!(19)  コメント(10) 

登山速報! 梅雨の合間、ムシムシする暑さの中、愛知県の人気低山を元気に歩いてきました(笑) @ 猿投山(さなげやま) [速報!]

DSC_0002.JPG

天気予報で、本日(6/23)がピンポイントで晴れ。
ということで、ここ最近あまりご一緒できなかった山友から「どこかサクッと登れる山に行きませんか?」と連絡があり、それならばと愛知県の豊田市と瀬戸市に跨る超人気低山の "猿投山" に登ってきました。
この山は豊田市側からと瀬戸市側から別々に登れるルートがあり、ここ最近は瀬戸市側から登る機会が多かったのですが、急登の階段が多いことや、沢のすぐ傍の岩場を歩かないといけないということで、この時期滑りやすいかもしれないということで、久しぶりに豊田市側の猿投神社から登るルートを使ってみました。
こちらの方が比較的アップダウンも少なく、道が穏やかなので、ゆったりまったり歩くのには丁度いいかも。しかも、麓の由緒ある "猿投神社"、その "東の宮"、"西の宮" と巡ることが出来るので、寺社仏閣巡りも兼ねて歩けるのです。

DSC_0089.JPG

参道とはいえ、登山道ですから、ある程度山歩きの経験がないと、歩くのはきついとは思いますが(苦笑)…。
こちらからのルートは…というよりもこの山はかなり人気で、週末や日祭日になると午前7時くらいに登山口に着かないと、車を置くスペースが無くなってしまうほど。それなりに駐車場は多いのですが、どこも満車状態になってしまいます。平日でもかなり混み合う山なので、今日もちょっと早めの集合にしたのですが、今日は思いの他空いていて、登山口に一番近くい駐車スペースに停めることが出来ました(笑)。やっぱり梅雨時だからなのでしょうか…。

DSC_0989.JPG

天気予報では今日は概ね晴れということだったのですが、登っていくうちになんだかどんよりした雲行きに。「今日登山者が少なかったのはこの天気のためか」と(苦笑)。
しかも湿度が高くてムシムシ…
ウェアがみるみるうちに湿ってくるのが肌を通して感じられます(苦笑)。
「やばいね、暑いね」なんて言いながらでも、結構楽しかったりしたのですが(笑)。

DSC_0025.JPG

暑さでバテてしまわないよう、通常このルート3時間くらいで登って来れるのですが、今回は時間をかけ、ゆっくりと歩いてきました。
この模様は後日、じっくりとお伝えしようと思います。お楽しみに。

尚、前回この山を瀬戸側から登った記録は ☞ コチラ ☜ をご覧くださいませ。

-----------------------------------------


share_1655970509[404].jpg


猿投山 (さなげやま) ・・・愛知県豊田市と瀬戸市にまたがる標高629mの山で、三河高原の西端に位置し、愛知高原国定公園に含まれています。
古くから山嶽信仰・巨石信仰の場として崇められてきた山でもあり、「この山で毒蛇にかまれ亡くなった」とされる大碓命の陵墓があります。山麓には、その大碓命が祀られている猿投神社があります。
山頂までのルートとしては、主に猿投神社から北上するルートと雲興寺から南下するルートがあり、そのアクセスのしやすさや難易度から "愛知県における高尾山" 的なポジションと言われ、人気の山となっています。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

登山ランキング

ハイキングランキング

タグ:猿投山
nice!(15)  コメント(6) 

前作からなんと11年!「待ったかいがあった!!」 なおも進化し続ける唯一無二のアーティストによる唯一無二の最新音盤 山下達郎『Softly』 [映画・音楽 (Jazz・Rock)]

yamashita01.jpg


遂にリリースされました。前作「RAY OF HOPE」から11年の歳月をかけ、遂に新作が発表されました。
新作CDの帯のコピーにあるように本当に 待ったかいがありました!
オリジナルとしてはなんと11年のインターバル。その間、2012年にオールタイムベスト「Opas」、2017年に1979年のヒット企画「COME ALONG」を38年ぶりに再現した企画アルバム「COME ALONG 3」をリリースしていたとはいえ、その企画アルバムからも5年経っています (その当時のブログ記事は ☞ コチラ ☜ ご参照ください)。
実際もうアルバムリリースはない (年齢的に) と思っていましたが、出してくれましたねぇ♡

yamashita02.JPG

届いた音盤を早速開けてみる、いわゆる "開封の儀" (笑)
大きめの外装BOXの中にCDが。いつもは割とPopなジャケットデザインですが、今回は久しぶりに本人のポートレイト。なんという穏やかな表情なんでしょう。
このポートレイト、漫画「テルマエ・ロマエ」のヤマザキマリの手によるもの。「あなたは本来画家なのだから」という山下達郎の力強い励ましに応え、今の自分が出せる力の限り描いたという力作だそう。

yamashita03.JPG

CDジャケットの中にも彼女のイラストがふんだんに使われています。
さてアルバムの内容ですが、今回は2011年以降の山下達郎の軌跡が凝縮されたような出来。映画やドラマなどメディアで使われていた曲が殆どで、馴染みのある曲がほとんど。ある意味ベスト盤のような感じです。

yamashita04.JPG

そして初回限定として2021年末に行われたアコースティックライブの模様を収録したプレミアムCDが付属されています。こちらも中々素晴らしい。

この11年ぶりの新譜を一通り聴いて思ったのは、やはり相変わらず、耳、そして身体にすんなりメロディが入り込んでくるんですよね。安定しているというか、間違いないというのか…。
それがマンネリという方もいらっしゃるのですが、このマンネリ感が心地いいんですよね(笑)。
暫くヘビロテしてしまいそう…。
「おかえり、タツローさん」





-----------------------------------------




「Softly」
01. フェニックス [2021 Version] 
  ~NHK・SDGsキャンペーン「未来へ17アクション」テーマソング~
02. LOVE'S ON FIRE
03. ミライのテーマ ~映画『未来のミライ』オープニングテーマ~
04. RECIPE (レシピ) ~TBS日曜劇場『グランメゾン東京』主題歌~
05. CHEER UP! THE SUMMER 
  ~フジテレビ系木曜22時連続ドラマ『営業部長 吉良奈津子』主題歌~
06. 人力飛行機
07. うたのきしゃ ~映画『未来のミライ』エンディングテーマ~
08. SHINING FROM THE INSIDE 
  ~エステティックTBC/ソシエ エステティック TV-CMソング~
09. LEHUA, MY LOVE ~「JAL HAWAII Style yourself」篇CMソング~
10. OPPRESSION BLUES(弾圧のブルース)
11. コンポジション ~NHKドラマ10『第二楽章』主題歌~
12. YOU (ユー)
13. ANGEL OF THE LIGHT ~Nikon企業CM曲~
14. 光と君へのレクイエム ~映画『陽だまりの彼女』主題歌~
15. REBORN (リボーン) ~映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』主題歌~



プレミアムCD:
「The Latest Acoustic Live」
 ~Recorded Live, 2021/12/03 at Tokyo FM Hall, Tokyo~
01. ターナーの汽罐車
02. ポケット・ミュージック
03. あまく危険な香り
04. PAPER DOLL
05. パレード
06. BELLA NOTTE
07. HAVE YOURSELF A MERRY LITTLE CHRISTMAS

※2021年12月3日に「サンデー・ソングブック1500回記念」としてTOKYO FMホールで行われたアコースティック・ライブからのライブ音源7曲を収録。



〇 山下達郎 オフィシャルWeb コチラ
〇 ヤマザキマリ オフィシャルWeb コチラ


※ 今回は山下達郎新譜紹介をしました♩
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

登山・キャンプランキング

登山ランキング

ハイキングランキング

オートキャンプランキング

ランドナーランキング




nice!(15)  コメント(6) 

かつて ”Mr, Standard” と呼ばれていたピアニストの最強トリオ音盤「’S Wonderful」@ハンク・ジョーンズ [映画・音楽 (Jazz・Rock)]

hank01.jpg


1940年代からモダン・ジャズ・シーンを引っ張ってきた巨匠「Mr. Standard」と呼ばれたピアニスト、ハンク・ジョーンズ。
2010年5月16日に91歳の生涯を閉じられて、12年経ちました。お亡くなりになる2年ほど前に来日された時の名古屋公演を、今は亡き "名古屋ブルーノート” で観たのですが、その時のパフォーマンスが未だに忘れられません。御年89歳とは思えない素晴らしい演奏、そしてMCではちょっとお茶目なお爺ちゃんぷりを披露。しかも公演終了後に時間を設けてサイン会をされるというサービス精神。いままで体験してきたじJAZZのライブの中で生涯忘れることのない、最高のライブでした。

先日5月16日に「そういえば今日はハンク・ジョーンズの命日だ」と思い出して、それからこの3~4日はずっとハンク・ジョーンズを聴いています。
で、ハンク・ジョーンズの作品の中で、今回ご紹介しようと思う音盤は2004年にリリースされた ”The Great Jazz Trio" 名義の「’S Wonderful」です。

続きを読む


nice!(13)  コメント(0) 

暖かみのある灯りが心を癒す… キャンプの夜を彩る灯、ハリケーンランタン [キャンプ関連 (道具・料理・キャンプ場情報)]

ranp01.jpg


夜のキャンプ場、テント周りを彩る灯り、ランタン。
ランタンの中でも暖かみのある灯りで雰囲気を醸し出すオイルランタン。
ハリケーンのような強風でも灯りが消えにくいことから、
"ハリケーンランタン" と呼ばれています。

ranp02.jpg

ranp03.jpg

ranp04.jpg

100年以上の歴史があるこのランタン、なによりもこのフォルムが素晴らしい。
そして暖かみのある灯りが心を癒します。

ranp05.jpg

ハリケーンランタンは100年以上の歴史がある、代表的なランタンのひとつ。
燃料が芯に染み込んで炎が灯ると、たまった空気が煙突から放出されて上昇気流が発生。上昇気流によって空気が両側のパイプを通ってバーナーに送り込まれることで、燃焼を促進させる仕組みとなっています。
燃料は灯油やパラフィンオイルを使用し、一度点火させると突然の強風や雨で火が消えにくく、風の影響が気になる屋外でも安定した明かりを灯すのが特徴です。

ranp06.jpg

ranp07.JPG

周りが明るくなるLEDランタンやコールマンの代表的なガソリンのランタンも良いですが、
ぼんやりと周りが仄かに灯るハリケーンランタンの雰囲気が好きです。


-----------------------------------------


ranp08.JPG
ハリケーンランタンは100年以上の歴史がある、代表的なランタンのひとつ。オイルランタンに分類されるもので「ハリケーンでも炎が消えない」ことが名前の由来になっています。雨や雪、強風が吹く環境下でも使用でき、明るさが安定している点が最大のメリット。
底部のオイルタンクや炎を覆うガラス製のホヤ、ハンドルといった部品から構成されています。
燃料は灯油やパラフィンオイルを使用。やわらかい明かりで落ち着いた空間を演出できます。また、テントの場所を示す目印や虫除けとしても役立ちます。












nice!(12)  コメント(8) 

2022.06.16 "岐阜の熊野古道"と云われる星神社の美しすぎる参道、そして川辺町の ”御嶽山”、権現山… 緑と歴史遺構に癒された山歩き [山歩き]

雨が降らないうちに…と、急遽決まった山歩き。
今回の山歩きは、岐阜県加茂郡川辺町。以前登った "岐阜のグランドキャニオン” と言われている「遠見山」の飛騨川を挟んだ対岸にある権現山。

DSC_0914.JPG

この権現山、別名を "御嶽山" と言い、以前から気になっていた山でした。その昔、木曽御嶽山へ登りに行くことが出来ない人々が、その地域の里山に "御嶽" と名付け、頂に御嶽神社を祀って信仰登山をしていた話は良く聞きます。同じ岐阜県の南濃町(三重県との境)にも "石津御嶽" という御嶽信仰の山があり、以前登ったことがあります。
別段御嶽信仰があるわけではないのですが、木曽御嶽山が好きな自分としては、各地の御嶽山にも登ってみたいところ。
ということで、この "川辺町の御嶽山" と言われている権現山にも登ってみました。


続きを読む


nice!(14)  コメント(6) 

美しすぎる! "岐阜の熊野古道" と云われる「村社 星神社」の参道 @岐阜県加茂郡川辺町 [おでかけ・ぶらり旅]

DSC_0894-1.JPG


6月16日、梅雨入り宣言がなされた直後ですが、その合間を狙って自宅から1時間圏内の低山に登りに行きました。
場所は先日登った "岐阜のグランドキャニオン" 遠見山の川を挟んで対岸の山、権現山。
別名 "御嶽山" とも呼ばれていて非常に気になっていた山。調べてみたら3時間ほどでサクッと登れて来れるようなので、雨が降らぬうちに行ってこようと(笑)。

その山、やはり御嶽信仰の山のようで、山頂の御嶽神社の他に中腹に建つ星神社と明治時代からの山を守り続けてきた石仏など、見どころ満載の山歩きとなりました。
登山記は後日じっくりお伝えしますが、特に麓から延びる "村社 星神社" の参道があまりにも素晴らしかったので、ご紹介したいと思います。

DSC_0892.JPG

DSC_0895.JPG

登山口から延びる苔生した石の階段、鬱蒼とした樹林に囲まれたその石段は、"岐阜の熊野古道" と云われるほど。

DSC_0896.JPG

DSC_0897.JPG

DSC_0898.JPG

荘厳な雰囲気で、その空間に心洗われた思い…そして癒しを感じました。

DSC_0956.JPG

この星神社を含む、権現山(御嶽山) 登山の模様は後日お伝えしたいと思います。

※ 川辺町作成の権現山PR動画です


-----------------------------------------


撮影場所:村社 星神社
所在地:岐阜県加茂郡川辺町下吉田

岐阜県川辺町の「権現山」は、地域の方からは親しみを込めて "御嶽山" とも呼ばれています。その中腹に位置する「星神社」は、香々背男命 (かがせのおおみこと) を祀った神社。星神社の登り口からは丸石で作られた階段がおよそ400段以上にわたって並んでおり、その大きな丸石から作られた階段は、"岐阜の熊野古道" とも呼ばれるほど。
星神社の石段の歴史は古く、明治時代に作られたものだといわれています。



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

登山ランキング

ハイキングランキング


nice!(16)  コメント(6) 

2022.06.09-10 華音(かのん)の森  美しい夜景の見えるキャンプ地で ゆったりとデュオキャンプ @岐阜県揖斐郡池田町 [キャンプ]

「梅雨入りする前に…」と予てから気になっていたキャンプ地へ。

DSC_0800.JPG

当初の計画としては6月の16・17日で犬山城の近くのキャンプ場に新しいサイトが増えたということで試しに行ってみようかと話していたのですが、どうやら梅雨入りっぽいので一週間早めて計画変更、最近話題になっている "夜景が綺麗なキャンプ地" へ行ってみることにしました。

キャンプ場ではなく、"キャンプ地" としているのは、そこが元々お寺さんの敷地内にある温泉の空き地で、以前は集会やイベント事をやっていたスペースだったそうで、地主さんが「何も使わないのは勿体ない」とのことでキャンプ場として開放していただいている土地ということから、敢えて "キャンプ地" と云わせていただきました (ネットで検索すると "キャンプ場" として出てきますが)。
フィールドもキャンプ場として整地は当然なされていない、ごく一般の山を切り開いたまんまの地面で、当然地面は固いので、ペグは刺さり難いし(アルミペグだと曲がってしまう位)、雨が降ると路面はぐちゃぐちゃになりますので高規格なキャンプ場をイメージすると期待外れとなかもしれません。
ではこのキャンプ地、何がいいのかって…それはここからの景観、特に夜景がが半端なく素晴らしいのです。
その夜景を堪能しに、行ってまいりました。

続きを読む


nice!(19)  コメント(12) 

2022.06.04 標高342mからの360度の絶景を誇る「高木山」と、ご当地富士 "美濃加茂の富士山" と呼ばれる「山之上富士山」を周回 [山歩き]

友人の依頼で、地図読み練習を兼ねての山登り。
選んだのは、岐阜県美濃加茂市の "みのかも健康の森公園" に鎮座する、"高木山" と "山之上富士山" の二座。

DSC_0691.JPG

ふたつの山を登るというと「スッゲー!」と思われるかもしれませんが、どちらも300m程の山。しかも登山口は標高190mくらいの場所。二座周って大体3時間くらいかな(笑)。
以前高木山の方には一度登ったことがあり、山頂の眺望は観ておいて損はないお山。前回はほかの山 (米田白山) とのダブルヘッダーで登って、その隣の山之上富士山は省きましたので、個人的にはそちらの山に興味津々で挑もうかなと(笑)。(前回登った時のブログ記事は ☞ コチラ ☜ をご覧ください)


続きを読む


nice!(17)  コメント(8) 

紫陽花の季節 @岐阜県揖斐郡池田町 華音(かのん)の森 [Photo]

DSC_0866.JPG

本格的に梅雨に入る前にもう一度…ということでキャンプに行ってきたのですが、そのキャンプ地が山の土手斜面一面満開の紫陽花でした。
とても綺麗でしたので、いくつか載せてみますね。

DSC_0842.JPG

DSC_0782.JPG

DSC_0867.JPG

DSC_0863.JPG

DSC_0836.JPG

DSC_0837.JPG

DSC_0847.JPG

DSC_0858.JPG


-----------------------------------------


--撮影場所--

DSC_0850.JPG

華音の森 (湯元 湯華の郷)から弓削寺
所在地:岐阜県揖斐郡池田町



にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

オートキャンプランキング

nice!(23)  コメント(10) 

夏が近くなると必ず聴きたくなる♩ 山下達郎の初期の名盤 「FOR YOU」 [映画・音楽 (Jazz・Rock)]

tatsu-04.jpeg


夏が近くなってくると・・・やはり聴きたくなるこの名盤。
山下達郎1982年の名作「FOR YOU」。
丁度1年前に大瀧詠一の歴史的名盤「A LONG VACATION」が世に出たこともあって、この山下達郎の「FOR YOU」とカップリングで何度もリピートしていた記憶です。
夏になれば、海では必ず誰かがこのアルバムをラジカセを大音量にして流しているというまさに夏をイメージした代表作。いつしか「海だ!夏だ!タツローだ!」という笑えるキャッチフレーズまで生まれました(笑)。
しかし、このアルバムのリリースは、なんと82年の1月(笑)。全く夏というイメージを意図としたリリースではないんですよね(笑)。



続きを読む


nice!(14)  コメント(8) 
前の20件 | -