SSブログ

ベスト・オブ・低山 マニアック独自ルート山中探検山行編 (中編;誕生山と天王山・屏風山・鳶岩巣山)  [登山関連 (山道具など)]

ベスト・オブ・東海低山、マニアック独自ルート編の中編です。
いやぁ、独断と偏見に満ち溢れたランキング、こうやってまた後から見返すと中々面白いですわ(笑)。
山中独自ルート探検、今回は3つノミネートさせてもらいました。
さてさて、どんな探検なのか…楽しみですねぇ。ワクワクしますねぇ・・・ え?ワクワクしてるのは僕だけ?Σ(・ω・ノ)ノ!

received_964876556920396.jpeg

まぁ、そう言わず、もうちょっとだけ付き合ってくださいなm(__)m
今回も選りすぐりの山中徘徊薮山探検の世界をお届けいたします。

尚、前回もお伝えしましたが、今からご紹介する数々の山中徘徊は、必ずしもすべての方々にお薦めするものではございません。中には非常に危険を伴うものもございます。この記事をお読みになり、山に入りたい方がいらっしゃったとしても、全て自己責任の上、行動願います。

※ 前回のブログ記事はコチラ


-----------------------------------------


・誕生山、天王山 (東端から西端) 独自ルート大縦走 岐阜県美濃市

岐阜県美濃市の誕生山と天王山。天王山の麓、大矢田神社は秋には紅葉の名所として名高い神社です。この神社の背後に高く聳える、元々は城山だった天王山と東に位置する修験の山、誕生山は、縦走ができるいい山で地元や東海圏では結構人気なのですが、周回が出来ないため、下山後に起点に戻る手段が徒歩か車をデポするやり方での縦走となります。
それを我々は自転車を積んで、下山口にデポ。下山後自転車で登山口に戻るというプランで計画しました。
ただそれだけでは面白くないということで(またまた出ましたね--笑)、誕生山の東端から天王山の西端への縦走にチャレンジいたしました。 正規の登山ルートは誕生山山頂から天王山山頂までの縦走路の区間だけでございます(笑)。
まず下山するポイントを大矢田トンネル付近(この辺りが天王山の西端であろうとしました)にある神社に自転車をデポ。誕生山側に車を走らせ、誕生山の麓、長良川沿いの前野古墳付近に車を停めてその辺りから取り付きます。

tennou3.jpg

いきなりの薮漕ぎですね(笑)。尾根に沿って急登を登っていき (これが結構キツい登り^^;) 、誕生山に登頂。その後正規ルートで天王山に縦走。

tennnou4.jpg

多分まともな場所での記念撮影はここ、天王山と誕生山の山頂のショットだけかもしれません(笑)。
天王山山頂を踏んだ後は、再びルーファイです(笑)。

tennou.jpg

これがまた草木が多い繁る地面も見えないような薮。しかも激下り状態で、最後はどうなるかと思ったほど(笑)。

tennpu2.jpg

途中ルートを見失って何度も描いた地図を見直すほど。

tennnou6.jpg

お陰で且つて大矢田トンネルが開通する以前に通られていた古道(廃道)らしきものを発見できたんですけどね(笑)。これはルーファイしなきゃ見つけれませんねぇ。
で、何度も間違いながら、脆い斜面を滑るように下り、突如出現した大ムカデに驚かされながら下りきり、漸く自転車をデポした地点に辿り着きました。

tennnou5.jpg

後は起点へ自転車に跨って滑走する…。中々面白い縦走でしたよ。
こういった山中徘徊、本当にどんなお宝に巡りあうかわからないものです。特に修験の山だったり、城山だったりすると、結構貴重な遺構に巡りあったりします。これがルーファイの醍醐味なんですよね。ただ、膝下はいつも傷だらけですが(笑)。
誕生山、天王山 (東端から西端) 独自ルート大縦走 


※※※※※※※※※※※※※※※


・屏風山端から端へ大縦走 岐阜県恵那市・瑞浪市

byoubu.jpg

もうひとつ、端から端への大縦走を。
屏風山は地元東濃の山。恵那市との境に位置する瑞浪市の最高峰で、標高794.1m。 そしてなんと一等三角点を有する山となっています。山名の由来は屏風を立てたような連山になっていることから名付けられたそうで、その長さは恵那市の佐々良木(ささらぎ)から瑞浪の稲津までに至ります。
この山の整備された登山道は南西部に集中しており、恵那側の屏風山の端と思われる三郷町佐々良木近辺には見当たらないので、それを探検に行こうというのが今回の計画。
車2台を使い、下山する最終地点にデポ。その後もう一台の車で起点まで移動し、縦走します。その後起点に車を取りに行くという手順です。

byoubu1.jpg

スタート地点は瑞浪市と恵那市の市境、県道66号線沿い。今回は道沿いに登り口があったんです。ここから取り付いて大縦走します。この屏風山に関しては全く踏み跡のないルーファイではなく、多分結構皆やってるのかもしれませんね。尾根にちゃんと道が出来ていました。

byoubu3.jpg

byoubu2.jpg

途中、佐々良木城址の標柱が建っていたり、マタギの小屋?らしき住処を見つけたり、それなりに地元の歴史ロマンを味わいながら歩けました。

byoubu4.jpg

やはり山頂から見える景色はいいですねぇ。

byoubu5.jpg

地元のまったり歩ける低山なのですが、通常の登山ルートではないところを歩くことで、この屏風のような連なった山の全てを実感できるんですよね。普通2時間あれば登ってこれてしまうのですが、実に倍以上の時間を掛け、8キロに及ぶ縦走になりました。
屏風山大縦走 


※※※※※※※※※※※※※※※


・鳶岩巣山、見たこともない奇岩を探して薮を漕ぐ 岐阜県中津川市

tobiiwasu.jpg

薮山散策隊長が入手した「中津川のとある山中に未だかつて見たこともない面白い奇岩があるらしい」との情報を基に歩き回ったこともありました。それがこの鳶岩巣山。山頂に登って降りてくるだけならほんの2時間あれば簡単に登れてしまう山なのですが、自分たちが引っ掛かったのはこの "未だかつて見たこともない奇岩" のひとこと(笑)。
ただネットでの情報もなく、唯一の手掛かりとなる情報源は、氏が得たとある藪山散策マニアの方の山行記ブログのみ。今回は地図とコンパス、そしてその情報源となったブログの記事に頼る山歩きとなりました。
場所は岐阜県中津川市。鳶岩巣山は二ッ森山の近くにあり、有名な東山温泉の脇から取り付きました。
勿論そこは正規の登山道ではないのですが(笑)。

tobiiwasu2.jpg

例によってまたまた、道なき急登を登っていきますよ(笑)。途中大宴会がそこで出来るやん! て感じの大きな岩のテラスを発見して有頂天になったり、前半は結構ルーファイでも楽しかったですね。

tobiiwasu3.jpg

tobiiwasu1.jpg

こんなにも広い岩のテラス。そして景観も抜群。こんなところで素晴らしい景色を観ながら宴会もいいですよね。

tobiiwasu4.jpg

で、鳶岩巣山の山頂はルーファイでもあっという間に見つけれちゃいました。ここまではいいんです。
実はここから今回の目的である観たこともない巨岩を探さないといけない…。これが非常に難しい。
なんせ全くと言っていいほど、情報がないのですから。

tobiiwasu5.jpg

等高線地図と、コンパスで確認しながらあっちへフラフラ、こっちをガサガサ。尾根を間違えて降りて谷に行きそうになったりと大変でした。今考えてみると良く遭難しなかったなぁ…と(笑)。
結局わからずに一旦下山して麓の集落から探してみることに。

tobiiwasu6.jpgtobiiwasu7.jpg
そして遂に探し当てた奇岩。素晴らしく大きな縦に長い三つの巨岩が円錐状に重なって立っているのです。これは本当に観たことがない岩です。その巨岩の中に入れるようになっていて、その中には…。
詳しくはブログ記事本文をご覧くださいね。
これを遂に探し当てた時はもう歓喜でした。これが山中探検の楽しさです。

tobiiwasu8.jpg

この藪山の中にこんな凄いものがあったなんて…。これは一般人は当然ながら、この山を登っていた登山者たちも、誰も知ることはないでしょう。今までの情報源としては唯一つ、我々がそれを基に今回探し、薮に引っかかれながら徘徊した成果です。これは本当に凄かったです。
鳶岩巣山 

今回の独自ルート山行セレクト、いかがでしたでしょうか? 中々今回もディープな山中徘徊記録を選ばせていただきました。次回はいよいよラスト選考。最後の最後でとっておきの独自ルートをご紹介いたします。お楽しみに。

-----------------------------------------


・誕生山、天王山 独自ルート縦走データ
--山行データ--
場所 岐阜県美濃市前野 ~ 大矢田
距離 8.4km
最大標高差 455m
平均斜度 上り:17.5% 下り:17.6%
獲得標高 上り:727m 下り:661m
日時 2016年5月5日 10:16:02 ~ 2016年5月5日 16:48:18
所要時間 6時間32分16秒
平均速度 1.2km/h
--サイクリングデータ--
場所 岐阜県美濃市大矢田 ~ 前野
距離 5.8km
最大標高差 83m
平均斜度 上り:4.4% 下り:3.8%
獲得標高 上り:70m 下り:124m
日時 2016年5月5日 16:48:56 ~ 2016年5月5日 17:23:39
所要時間 34分43秒
平均速度 10km/h

・屏風山山行データ
場所 岐阜県瑞浪市釜戸町 ~ 恵那市山岡町田代
距離 8.2km
最大標高差 418m
平均斜度 上り:13.7% 下り:10.2%
獲得標高 上り:561m 下り:346m
日時 2016年11月5日 10:22:37 ~ 2016年11月5日 15:13:44
所要時間 4時間51分7秒
平均速度 1.6km/h

・鳶岩巣山 独自ルート山行データ
10:30 東山温泉出発
10:50 一枚岩展望台
11:30 鳶岩巣山山頂
13:45 一旦下山(車道)
14:00 東山温泉着
14:15 鳶岩巣山西側登山口
14:20 奇岩山之神発見 周辺散策
15:15 東山温泉
 (電波が入らずGPSが作動しなかったためCTのみのデータとなります)

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

登山・キャンプランキング

登山ランキング

ハイキングランキング

nice!(3)  コメント(4) 

nice! 3

コメント 4

えれぇこった2号

ぼのさん

おはようございます。
岐阜県には良い山が沢山ありますね。
鳶岩巣山で奇岩を探し当てる事が出来て良かったですね!

御在所の岩とはまた違った感じですね!
by えれぇこった2号 (2020-05-23 10:06) 

ローリングウエスト

中京圏は緊急事態解除で羨ましい・・。関西も解除されましたが、首都圏・北海道が置いてけぼり・・、わが神奈川県が一番足を引っ張っている状況で情けない限りです。まだ今年は一度も登山していない。悲しいなあ・・。7月に岐阜の山「小秀山」で今年初の登山開始予定です。
by ローリングウエスト (2020-05-23 10:49) 

ぼの

kakaさま、こんばんわ。
鳶岩巣山の辺り、恵那から中津川なんですが、意外にも巨岩奇岩の宝庫でして。
まぁ、鈴鹿のように華々しい山というわけでなく、どちらかと言えば地味な感じの山ばかりなので、あまり知られてはいませんね(苦笑)。

by ぼの (2020-05-24 23:47) 

ぼの

ローリングウエストさま、こんばんわ。
漸く解除ってかんじですが、それでもまだまだ油断は禁物ですね。
首都圏というか、全国的に25日解除になるような感じなので、ちょっとホッとされるんじゃないですか?
今後も第2波、第3波を危惧しているので、今まで通りというわけにはいきそうにないのでしょうが…。

所で、小秀山にいらっしゃる計画なんですね。
いい山だということと同時に手強い山でございます。
気を付けてお楽しみくださいまし。
by ぼの (2020-05-24 23:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。