SSブログ

今年の夏山… [登山関連 (山道具など)]

今年もいよいよシーズンイン。
北・中央・南アルプスや八ヶ岳、白山など、3,000m峰のグリーンシーズン到来です。
昨年、一昨年と思うような夏山登山が出来ず、今年はコロナも例年に比べ落ち着きつつあるので(とはいえ、油断は大敵ですが)、今まで行けなかった分、ちょっとは行けるかな? と思っていた矢先…
6月にして(もう7月に入りましたが ^^;)この暑さは何?

DSC_0094.JPG

唐松岳、八方尾根から望む八方池と白馬三山


先日(6月末) 友人が自分の山仲間の先陣きって、涼を求めて北アルプス常念岳 (標高2,857m)にテント担いで登りに行きました。
聞くと…「もう今年はテント担いで行かない!」とのこと(苦笑)。
「なんで?」の答えが、「暑すぎて堪らなかった」そうなんです。 登山口から山頂直下のテント場がある山小屋まで向かう途中で "熱中症" に罹りそうだったし、標高2,450mにある山小屋周辺でもかなり暑かったそうで、テントを設営して中でゆっくり休もうと思っても、暑すぎてテント内に居られなかったとのこと。陽が陰ったころには漸く過ごしやすくなったそうですが…
6月末でこんなに暑くて堪らないのは初めてだったそう。
暑すぎて食が喉を通らなかったらしいのです。

jyonen.jpg

それ聞いたら、ちょっと躊躇しますよね(苦笑)
二年前の夏に登った唐松岳も結構暑くて、熱中症になられてた登山者が多かった記憶があったのですが、それよりもまだ今年の方が酷かったとのこと。
特に今年は、久しぶりにテント担いで登ろうかなと思っていたので、それ聞いて一気にトーンダウンです(苦笑)。

今年は以前から計画しておきながら、中々行くことができなかった北アルプスの奥座敷、"雲ノ平" や、奥秩父山塊の "瑞牆山"、"金峰山"。そして南アルプスの名峰、"聖岳" に登りたいと思っていたのですが…。

kumo.jpg

hijiri.jpg

雲ノ平から望む鷲ヶ岳 と 南アルプスの名峰 聖岳


特に雲ノ平と南アの聖岳はどちらも挑戦してみたい山。どちらもロングルートだけにちょっと考えてしまうなぁ…。
途中暑さと疲労でクタばったらそれこそヤバいし (>。<;
また、今年は梅雨が短かったこともあり、7月以降台風が多いかもと言われていますし…
例年とは別の意味で気象に翻弄されそうです。
う~む・・・どうしたものか
ちょっと悩んでみます (^^;

-----------------------------------------


雲ノ平(くものたいら)は、富山県富山市有峰の飛騨山脈(北アルプス)黒部川源流部に位置するなだらかな溶岩台地。黒部川とその支流である岩苔小谷に挟まれた標高2,500から2,700 mの日本で最も高い位置にある溶岩台地で、祖父岳火山 (2,825 m) により形成されています。面積は25万平方メートル。池塘と岩が点在し、高山植物の宝庫となっています。

聖岳(ひじりだけ)は、赤石山脈(南アルプス)南部の静岡市葵区と長野県飯田市の境界に位置する標高3,013mの山で日本百名山(深田久弥 著)のうちのひとつ。主峰は標高3,013mの聖岳(前聖岳) で、その東側約500mの地点に奥聖岳、南側約800mの地点に小聖岳を従えています。裾野から山頂まで緑に覆われたその優美な姿が人気で、「長いコースを登り切った先から見える景色は圧巻!」とのこと。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

登山ランキング

ハイキングランキング



nice!(16)  コメント(10) 

nice! 16

コメント 10

青山実花

暑すぎて
テントにいられない・・・
尋常じゃないですね。
何かもっと、
本腰を入れて、
色々考えなくてはならないのかも。

by 青山実花 (2022-07-04 06:59) 

koh925

白馬八方池には何度も上りましたが
初めて打った時、雲の中で池が分からず人声を頼りに
たどり着いたことが有ります、下は晴れていました
by koh925 (2022-07-04 13:21) 

いろは

こんにちは^^
涼を求めて山に登って、熱中症になったら困りますね^^
本当に今までの気候と違ってきましたね。
くれぐれもお気をつけて計画なさってください。
by いろは (2022-07-04 16:05) 

えすぷれそ

常念は一番近い駐車場からでも登り長いし、谷間で風が吹かなそうです(想像ですが)
テント場も日陰ないし。
暑さに慣れてないときつそうですね。
by えすぷれそ (2022-07-04 17:54) 

JUNKO

林間の登山は涼しそうに見えますが違うのですね。
by JUNKO (2022-07-04 20:09) 

ぼの

青山実花さま、
キャンプでもあまりにも暑いときは(特に昼間)、
テント内に居られないときがあります。
キャンプの時はキャンプ用の扇風機を使ったりしていますが、
登山の時は扇風機なんて持って登れないですからね(苦笑)
大変です。
by ぼの (2022-07-04 22:42) 

ぼの

koh925さま、
八方尾根はガスってしまうと中々目印になるものがないので
わかり難くなっちゃいますよね。
なのであんなに大きいケルンがあるんですけど、
それでもわかり難いですよね。
八方池のところはカール状になっているので、ちょっと危ないし…

by ぼの (2022-07-04 22:45) 

ぼの

いろはさま、
ここ数年は3,000m級でもかなり暑いです。
特に遮るものがないので、太陽の光をまともに受けますからね(苦笑)
色々対策を練りながら計画します。
by ぼの (2022-07-04 22:47) 

ぼの

えすぷれそさま、
常念は一ノ沢ルートと三股ルートが代表的ですよね。
三股ルートは蝶ヶ岳周回の時に使うと便利ですが、
最後の前常念のところが少し難所。
一ノ沢は比較的アップダウンも少なく登りやすいですが、
その分距離が長い…。
ただ沢沿いなので暑すぎたときは沢の水を被ります(笑)。
やはりこの時期のテント泊は暑さに慣れていても日中は相当きついですよね(苦笑)
やっぱり小屋泊りにしようかなぁ…。
by ぼの (2022-07-04 22:54) 

ぼの

JUNKOさま、
樹林帯の道は確かに日陰にはなりますが、
風の通りが悪いとやはり暑くなります。
2,000mを越える山は、森林限界を越えると
今度は遮るものが無くなるので直接日光が当たり、
当たり続けると脱水症状を起こし、日射病や熱射病、
熱中症になる場合もあるんですよね。

by ぼの (2022-07-04 22:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。